面倒なら二次会をサボることも出来ますが、それでも可能なら二次会には行っておいた方がいいでしょう。

 

面倒なら無理して出席する必要はありません

結婚式は、家と家が繋がる公の儀式なので、新朗や新婦に縁がある人なら(用事がある場合は別ですが)出席すべきものです。
しかし、結婚式の二次会は、新郎新婦と仲のいい人が集まるお楽しみ会のようなものに過ぎません。
なので、二次会に出たくない、面倒だというなら行かないことも出来ます。
もちろん、面倒だから出たくないというと角が立ちますので、何らかの言い訳を考える必要がありますが、
逆に言えば、それなりの言い訳を作れば、特に角も立たずに欠席することが出来ます。
相手の側からしても、用事のせいでそわそわしていたり、あまりやる気のない人が二次会に混ざっていると、場の空気を乱すことになりますので、行く気がないなら、無理していかなくてもいいでしょう。

 

無理していく必要はないですが、出来れば二次会には出たほうがいいです

先に述べたように、二次会は絶対に出席しないと義理が立たないというものではないので、行きたくないなら、無理に出る必要はありません。
ですが、結婚式ではあまり話せない新郎新婦と、ゆっくり話すことができる機会なので、出来るなら出席した方がいいです。
ニ次会に呼ばれるということは、新郎新婦にとって仲のよい人間、重要な人間だと思われているわけですから、面倒だから出席しないより、その想いに答えて出席したほうがいいことは言うまでもないでしょう。
もちろん、仕事などの理由でどうしても出席出来ないなら、それは仕方のないことですが、面倒だから、くらいの理由なら行った方がいいことは確かです。

行くまでは面倒だな、と思っていても、実際に行ってみたら話が弾んだり、思い出に残るような出来事が残ることもありますので、ニ次会に行くのは面倒だけど、どんなニ次会になるのかちょっと興味があるな、と思っているようなら、面倒だと思う心を押し切って、二次会に出席することをお勧めします。

そうすれば、きっと素敵な思い出を作ることができるでしょう。