結婚式や二次会の影の必需品、サブバッグって?

 

結婚式にゲストとして参加するときに、女性が持つバッグはパーティーバッグが一般的です。

このパーティーバッグは、小さなデザインのものが多く、貴重品程度しか入りません。そのため、結婚式などでは、女性はパーティーバッッグと合わせてサブバッグを持って参加することが一般的です。

 

サブバックはどうしても必要?

結婚式にはドレスやそれに相当するような改まった格好で参加するのがマナーです。

特に女性ともなれば、ヘアやメイク、小物に至るまで華やかに仕上げたくなりますよね。結婚式のパーティードレスに合わせるのであれば、パーティーバッグは絶対の必需品。しかし、このパーティーバッグはきらびやかなデザインが魅力ではありますが、とても小さく貴重品程度しか入りません。これでは、遠方から結婚式に参加する人には不向きですよね。そのため、結婚式などには女性はサブバッグを持参することがマナーです。

必須、というわけではありませんが、大きなバッグひとつに荷物をまとめてパーティーに参加することはマナー違反。小さなバッグに無理やり荷物を詰め込んでいるのも不格好なので、やはりサブバッグは用意しておくのがベターです。

 

二次会にもサブバッグは必要?

結婚式や披露宴が終わると、新郎新婦の友人などを集めて二次会が開かれます。披露宴後にそのままの流れで近くの会場で行われることが多い二次会。新婦とは違い、ゲスト陣にはあまりお色直しをしている時間もありません。

それに、結婚式の二次会はバーやクラブ、カフェなどで行われることも多く、おしゃれな場所で手荷物いっぱい、というような事態は避けたいものです。そのため、あらかじめサブバッグとパーティーバッグの二つを用意しておくと、結婚式でも二次会でもスマートな振る舞いができます。

 

結婚式・二次会におすすめのサブバッグ

結婚式・二次会には、参加する人の服装や持ち物に関してもいろいろとマナーがあります。それはパーティーバッグやサブバッグも同じ。

サブバッグは布やビニール素材などのカジュアル過ぎるものは避けできるだけかっちりとしたデザインのマチがあるタイプのものを選ぶとベストです。レースやビーズなどで華やかな飾りがあるものは特におすすめです。